医学的に認められている増毛の方法

自毛植毛手術は髪の毛が薄くなっている部分に自分の頭皮から生えてくる髪の毛を増毛できることが医学的に認められている増毛の方法です。

髪の毛が薄くなる症状は、ほとんどが男性ホルモンによる男性型脱毛症であることが分かっています。

 

自毛植毛手術は側頭部や後頭部といった、男性型脱毛症の影響を受けない自分の髪の毛を頭皮ごと切り取り、髪の毛が薄くなっている部分に植え込む、医療機関でしか受けることができない外科手術となります。

髪の毛が薄くなっている部分に植え込まれた頭皮は男性型脱毛症の影響を受けない毛根と髪の毛が付着しているため、上手く定着すると、男性型脱毛症の影響を受けている髪の毛が薄くなっているところに生えているにも関わらず、男性型脱毛症の影響を受けることなく何度も自然に生えてきます。

 

この自毛植毛手術による効果が、医学的に認められている増毛の方法である理由です。

自毛植毛手術は、ドナーと呼ばれる自分の髪の毛を頭皮ごと切り取った部分を、グラフトと呼ばれる髪の毛を植え込むために毛根単位に分けられた株に切り分ける作業と、周りに生えている髪の毛と違和感がないようにグラフを植え込む角度を調整する作業に熟練を要する手術になります。

 

自毛植毛手術を受けるためには、前もって自毛植毛手術の経験が豊富なお医者さんを調べておいて、そのお医者さんに執刀を依頼する必要があります。

費用は決して安くはありませんが、一度手術を受けると自然に生えてくるようになるため維持費がかからないのも特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です